暗号資産・仮想通貨

知っておきたい暗号資産の「マイニング」の意味や仕組みをご紹介

暗号資産関連の用語でよく耳にするのが「マイニング」。
言葉は知っているけれど、意味や仕組みについてはよく知らないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、マイニングの意味や仕組みについてご紹介します。

マイニングの意味

マイニングとは、コンピュータの作業に協力してその報酬として新規に発行された仮想通貨を得ることです。
マイニングは英語で採掘という意味を持ちます。

マイニングの仕組み

暗号資産の取引では、不正防止のために「ブロックチェーン」という仕組みが使われています。
ブロックチェーンの代表的な仕組みである「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」は膨大な計算が必要で、その計算処理はコンピュータで行います。
この計算処理にコンピュータの計算能力を提供し、処理を成功させた人には報酬として新たに発行された仮想通貨が支払われます。
PoWに必要な計算処理は鉱山から宝を探し当てるほど困難なことから、「マイニング」と名付けられました。
マイニングに参加する人のことは「マイナー(採掘者)」と呼ばれています。

マイニングは個人でもできる?

暗号資産が登場したばかりのころは、個人でマイニングを行う人が多くいました。
しかし、暗号資産が普及していくとともに、団体や企業でマイニングするケースがほとんどとなり、個人でマイニングして稼ぐのは難しくなってしまいました。
マイニングで報酬を得るには、コンピュータの計算速度での勝負に勝たなくてはいけないため、ハイスペックなPCが必要となります。
電気代もかかるので、個人のマイニングで利益を出すのは難しいと言えるでしょう。

個人がマイニングで収益を得たい場合は、マイナーに出資をして報酬の一部をもらう「クラウドマイニング」や、ネットを活用して複数人の計算処理能力を合わせてマイニングに参加する「プールマイニング」がおすすめです。

マイニングの環境への負荷

マイニングを行っている企業は、高性能なコンピュータを大量に用意し、稼働させ続けています。
そのためにはたくさんの電力が必要となります。
暗号資産は流通量が増えるたびにマイニングの難易度が上がるので、必要な処理能力と電力はどんどん上がっていきます。
また、暗号資産の価値が上がるほどにマイニング競争が激化し、エネルギーの消費量も増えます。
ビットコインに関連した電力使用量は年間約106テラワット以上と言われており、これはオランダの電力使用量と同じ程度です。

環境保護団体などは、エネルギーの消費量を抑えるためにマイニングを廃止するか、エネルギーの消費が少ない「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」方式にすることを求められています。
「プルーフ・オブ・ステーク」は、マイニングのアルゴリズムの1種。
その通貨を多く持つマイナーほど承認の権限が強くなるという特徴があります。
環境への影響が少なく、取引の処理も早くなっています。
イーサリアムはこの形式への移行を計画しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP