大阪市の不動産売却情報

大阪市中央区、日本橋や谷町での不動産売却情報|大阪市中央区日本橋周辺で不動産を売る際のポイントを徹底解説!

中央区日本橋、谷町エリアで物件を売却する際のポイントは?

大阪市中央区の日本橋、谷町エリアは、中央区の南東側に位置しています。
日本橋は、心斎橋、難波と並んでミナミ言われるエリアで、黒門市場や秋葉原と並ぶ電気街として有名ですね。
谷町は、ビジネス街であるキタ、繁華街であるミナミに隣接していますが、レトロでおしゃれな店が集まる空堀商店街など、居住エリアとして人気が高いです。
中央区日本橋、谷町エリアで物件を売却する際のポイントについて解説します。

日本橋、谷町エリア

日本橋は、大阪メトロ堺筋・千日前線、近鉄の日本橋駅がありますが、心斎橋駅、難波駅と比べると乗降客数は、大阪メトロが8万人弱、近鉄が5万人強と少な目です。
日本橋というと大阪の台所とも言われる黒門市場が有名ですが、秋葉原とよく比較される電気街、オタクの街としても人気があります
心斎橋、難波と比べると少し下町情緒が溢れる街並みとなっており、海外の人にも人気が高いエリアです。
谷町エリアは、大阪メトロ堺筋線の松屋町駅あたりから東に大阪メトロ谷町・長堀鶴見緑地線の谷町6丁目駅があり、谷町6丁目駅の北が4丁目、南が9丁目となっています。
谷町6丁目付近にある空堀商店街は、レトロでおしゃれなカフェが多く、人気スポットにもなっています。
都心部ではありますが、高層ビルはかなり少なく、居住用ファミリー物件も多くなるので、生活のしやすさから大阪市内でも生活するなら谷町と言われるほど人気のエリアとなっています。
家賃も心斎橋、難波、日本橋と比べるとかなり安くなるので、利便性の良さから谷町エリアを選ぶケースが多いです。

日本橋エリアの物件を売却する際のポイント

日本橋は、心斎橋、難波と並び、繁華街ということで、やはりワンルームマンションは多いですが、ファミリーの居住用物件が少ないエリアです。
物件は、心斎橋、難波と比べると築年数の古い物件が多い印象があります。
都心部ではありますが、心斎橋、難波と比べると少し郊外になるので売却価格は少し低くなる傾向にあるので、売却時には余り強気な価格設定にすると長期間売却できないというケースも多いです。
ただ、築年数の浅いファミリー物件は、希少性も高く、高値で売却が期待できるので、相場よりも少し高い価格で初めても良いと思います。

谷町エリアの物件を売却する際のポイント

谷町は、都心部の中にある住宅街といった感じで、空堀商店街に加えて大型スーパーもあり、物件の価格、利便性の良さなど総合的にバランスの取れたエリアです。
街並みも少し路地を入ると昭和の臭いがまだ残っており、空堀商店街は若者にも人気のスポットになっています。
特にファミリー物件は人気が高いので、物件も余程室内状況がひどくない限り、相場価格以上で売却が可能です。
売却時は居住したまま売却することが多いと思うので、内覧時には不要な物はなるべく見えないようにし、整理整頓してお迎えしましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP