大阪市の不動産売却情報

大阪市のど真ん中!中央区本町、淀屋橋、北浜、大阪城エリアで物件を売却する際のポイントは?|淀屋橋駅、本町駅の不動産を売却や売買時に抑えておきたいポイントを整理しました!

大阪市中央区の本町、淀屋橋、北浜、大阪城エリアは、中央区の北側に位置しています。
淀屋橋、北浜、本町エリアはキタでも梅田に続くオフィス街、大阪城エリアは大阪城北東部に大阪ビジネスパークができるなど開発が進むエリアです。
中央区本町、淀屋橋、北浜、大阪城エリアで物件を売却する際のポイントについて解説します。

中央区本町、淀屋橋、北浜、大阪城エリア

淀屋橋・本町は、大阪メトロ御堂筋線が通る大阪の中心にあり、淀屋橋駅、本町駅は一日の乗降客数が20万人を超えます。淀屋橋は京阪本線・中之島線、本町は大阪メトロ中央線、四ツ橋線など大阪市を縦横に走る複数路線の利用が可能です。
大企業の本社や支社の多く、大阪でも屈指のビジネス街と言えます。
収益用のワンルームマンションは多いですが、ファミリータイプの新築マンションは中々建築されないエリアなので、ファミリータイプの物件は希少性が高いです。
北浜・堺筋本町は、大阪メトロ堺筋線が通り、北浜は京阪本線・中之島線、堺筋本町は大阪メトロ中央線が利用できます。
北浜から堺筋本町にかけては、ワンルームマンションも多いですが、淀屋橋と比べるとタワーマンションが多く建設されています。
大阪城エリアは、大阪城の北側に大阪メトロ谷町線天満橋駅、JR東西線大阪城北詰駅、JR環状線京橋駅があり、京橋駅は京阪本線・中之島線、大阪メトロ長堀鶴見緑地線など複数路線が利用できます。
本町、淀屋橋、北浜と比べるとワンルームマンションが少し減り、ファミリータイプのマンションが多いエリアで京橋駅前にはタワーマンションもあります。

本町、淀屋橋、北浜エリアの物件を売却する際のポイント

大阪市内でも本町、淀屋橋、北浜はオフィス街ということでファミリーの居住用物件が少ないエリアとなっており、利便性の高さから価格が高騰しています。
中古マンションなども購入当時よりも価格が上昇しているケースが多く、タワーマンションは、購入価格の1.5倍~2倍になっている物件もあります。
価格が高いので、室内の状態が悪いと売れにくく、できる範囲でリフォームやハウスクリーニングなどは行った方が良いでしょう。
スーパーなど日常品の購入できる施設が少なく、物件からスーパーが遠い場合などは売却に苦戦することもあります。

大阪城エリアの物件を売却する際のポイント

大阪城エリアは、京橋駅には日常品なども購入しやすい京阪モールがあります。
以前の京橋駅周辺は、サウナや飲み屋などが多く繁華街といった印象が強かったですが、大阪ビジネスパークなどの開発が進むなど、梅田や本町へのアクセスの良さから人気エリアとなっています。
ただし、京橋駅の東側は、まだ開発が進んでおらず、昔ながらの長屋なども多いので物件価格は低めになっています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP