不動産売却ハウツー

【一括サイト?大手?駅前路面店?】不動産会社はどこにすれば良いの?不動産会社の選び方

不動産の売却をする際に、不動産会社選びに悩む人も多いと思います。
上手に不動産を売却する上で、不動産会社選びは非常に重要です。
最近では、一括査定サイトを使って査定をしてもらった不動産会社から選ぶケースが多いと思いますが、
不動産会社には、テレビCMをやっているような大手不動産会社もあれば、ロードサイドの路面店、フランチャイズ、知り合いの不動産会社など不動産会社も色々とあります。
大手に任せていれば安心ですが、地元の不動産会社の方が顧客も多くて早く買主を探してくれるのではないか、知り合いに任せた方が上手くいくのではとそれぞれメリット・デメリットがあります。
せっかく不動産を売却するのですから早期高値売却してくれるところを選びたいですよね。
今回は、それぞれの不動産会社の特徴と選び方について解説します。

不動産会社の特徴

不動産会社を選ぶ際方法としては、一括査定サイトを使って不動産会社を選ぶ、近くの不動産会社や知り合いの不動産会社に依頼するといった方法などがあります。
どの不動産会社に依頼するにしても、それぞれのメリット・デメリットを理解しておくことは重要です。
メリット・デメリットを知らずに不動産の売却を依頼すると、売却に時間が掛かったり、希望の価格で売れなかったりと失敗することになります。
ここではそれぞれの不動産会社の特徴について解説します。

不動産一括査定サイト

多くの人が利用している不動産一括査定サイトは、一度に多くの不動産会社を選ぶことができるので非常に便利です。
不動産一括査定サイトは、それぞれのサイトで大手、地元密着型、個人店など登録している不土さん会社はサイトによって違います。
不動産一括査定サイトを利用するメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

・一度に複数の不動産会社を選ぶことができる
・査定結果が出るのが早い、時間がなくてもネットで査定ができる
・大手不動産会社に依頼できる

デメリット

・登録している不動産会社しか選べない
・訪問するのと違い、細かい質問がしにくい
・選んだ不動産会社の良し悪しがわからない

不動産一括査定サイトはこんな人におすすめ

不動産一括査定サイトは、仕事で時間が忙しい、これから不動産会社を探そうという人に向いていると言えます。
不動産一括査定サイトでは、複数の不動産会社に一度に依頼することができ、ネットで依頼するだけなので手間暇もほとんど掛かりません。
複数の査定を比較することで、自宅の相場価格を把握するのに非常に便利です。
しかし、不動産一括査定サイトは、どの不動産会社を選ぶかという入口段階で利用するものなので、実際に不動産会社を選ぶ際には、最初に査定を依頼した大手、地元中堅などから選ぶことになります。

大手不動産会社

大手不動産会社は、駅前や人気エリアに多くあり、そのエリアの売買実績も豊富です。
テレビCMやチラシ広告などの露出も多く、大手不動産会社という安心感もあります。
大手不動産会社を利用するメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

・売買実績が豊富
・買い手の顧客のストックも多い
・ハウスクリーニングや瑕疵担保保険などサービスが充実
・チラシを広範囲に配布してくれるなど販促費も豊富

デメリット

・営業マンによって営業力の差が大きい
・自社で両手取引を狙うので囲い込みの恐れがある
・郊外だと店舗が少ない

大手不動産会社はこんな人におすすめ

誰もが知っている大手不動産会社は、知名度も高く売買実績も豊富なので、売買の経験が少なく、安心してすべて任せたいという人におすすめです。
最近では、ハウスクリーニングや瑕疵担保保険の付与してくれる会社が多く、チラシ広告で広範囲に販促してくれるなどサービスも充実しています。
ただ、大手の場合は、営業店舗が最寄りにないことが多く、余り店舗から遠いと力を発揮できないケースもありますので、その場合は近隣の不動産会社に依頼する方が良いでしょう。

地元密着の中堅不動産会社

地元密着の中堅不動産会社は、その会社の周辺エリアの不動産を売却する際には非常に便りになります。
そういった会社の中には大手のフランチャイズ店も多く、大手と遜色のないサービスを受けることも可能です。
地元密着の中堅不動産会社を利用するメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

・地元密着なのでそのエリアの売却実績が豊富
・そのエリアの相場に詳しい
・そのエリアの買い手の顧客のストックも多い

デメリット

・エリア外はあまり強くない
・広告宣伝など予算が少ない
・営業マンが少ないところが多い

地元密着の中堅不動産会社はこんな人におすすめ

物件や周辺環境などをよりよく知っていて、物件をアピールできる不動産会社をお探しの人には、地元密着の中堅不動産会社がおすすめです。
誰もが住みたい人気エリアや駅近マンションやタワーマンションといった人気物件であれば、広告を出すだけでもすぐに売却は可能ですがそういった物件ばかりではありません。
地元密着の中堅不動産会社であれば、物件を決める際に重要な物件の特徴や周辺環境なども把握しており、買主へのアピールも丁寧に行ってくれます。
地元密着なので大手と違い対象エリアが狭く、広告費等も掛けることが難しい、営業マンが少ないケースがあります。
営業マンが少ない店舗は、対応がおざなりになるケースが多いので避けるべきです。

駅前やロードサイドの路面店

駅前やロードサイドには個人で営業しているような路面店も数多くあります。
店舗は小さいですが、古くから営業している不動産会社も多く、顧客をストックがある店もありますが、そもそも賃貸のみで売買をしていない店も多いので、依頼する場合は注意が必要です。
駅前やロードサイドの路面店を利用するメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

・すぐに相談しやすい
・古くから店舗があることが多いので地域の情報をよく知っている
・定休日でも対応してくれることが多い

デメリット

・賃貸がメインで売買は得意ではないケースがある
・ネット広告を活用しない
・個人事業主が多いので、社長次第で売却結果が大きく変わる

駅前やロードサイドの路面店はこんな人におすすめ

駅前やロードサイドの路面店は、一先ず周辺の相場や売買の方法などの話を聞いてから売買したいという人におすすめです。
大手だと金額帯の低い物件は余りやりたがらないので、相談に行っても門前払い的な扱いを受けることもありますが、駅前やロードサイドの路面店は、個人営業している不動産業者が多く、どんな物件でもある程度相談に乗ってくれます。
個人営業なので、定休日でも対応してくれるケースも多いです。
ただ、社長一人で営業しているような店が多いので、ネット広告はほとんどしておらず、他の案件など抱えていると後回しにされるケースもあります。
又、路面店は賃貸がメインの店が多いので、そういった店に売買案件を持ち込んでしまうと売却に時間が掛かるので依頼する前に売買実績があるかどうかをきちんと確認しましょう。

知り合いの不動産会社に頼む

親族や知人に不動産会社の人がいると心強いですよね。
やはり知り合いということで、売り主のことを一番に考えてくれるし、親身になって販売活動を頑張ってくれます。
知り合いの不動産会社を利用するメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

・相談しやすい、価格などについても正直に話をしてくれる
・知り合いなので力を入れて販売してくれる

デメリット

・不動産会社といっても賃貸がメインだと売却は不得意
・勤務先によって不動産会社の規模が変わる
・売れないときに断りにくい

知り合いの不動産会社はこんな人におすすめ

知り合いに不動産会社の人がいると非常に心強いです。
特に、売買をメインでやっている不動産会社の人であれば、任せておけば安心だと思います。
しかし、知り合いの不動産会社の人が何をやっているかは必ず確認してください。
不動産会社といっても、売買、賃貸、管理など多岐に渡っており、知り合いに良い恰好をしようと思って、賃貸しかやっていないのに売買をやろうとする人も多いです。
自分の知っている不動産会社に売買を依頼して自分は結局何もしないということもあります。
知り合いが不動産会社だからといって安易に依頼するのは危険です。

仲介手数料半額の不動産会社に依頼するのは危険?

売却時の仲介手数料を半額、無料にするといった不動産会社もあります。
こういった不動産会社は、基本的に買主から仲介手数料をもらうので、売主側の仲介手数料は半額、無料にしています。
不動産の売買は、いくら買いたい人がいても物件がないと取引ができません。
やはり、物件を預かっている不動産会社が強く、多くの物件は大手や地元の中堅不動産会社が取り扱っています。
そのため、物件を取りたい中小の不動産会社は、売主側の手数料を失くしてでも物件を預かりたいわけです。
そういった不動産会社は、自社で買主を探さないと利益にならないので、レインズに掲載しても他社に広告をさせず、案内なども自社の顧客を優先します。
そうなると本来購入してもらえたはずの顧客に物件を見てもらうことができず、機会損失を起こしやすくなります。
又、買主に購入してもらわないと話が進まないので買主に有利な交渉をされやすいです。
仲介手数料が安くなっても売却に時間が掛かったり、価格を下げられたりすれば意味がありません。
仲介手数料半額の不動産会社に依頼する場合は、そういったリスクがあることを理解しておきましょう。

【まとめ】

今回様々なタイプの不動産会社を紹介しましたが、それぞれメリット・デメリットがあります。
大手や地元密着の中堅不動産会社の方が販売力はありますが、エリア外の物件だと近くの路面店の方が良い場合もあります。
まずは、自分の不動産がどのタイプの不動産会社に依頼するのが良いかを調べることか重要です。
物件を売却する際には、依頼する不動産会社の特徴をきちんと把握し、自分の物件に合った不動産会社を選びましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP